「借りは返すぜ!」村暮らしで大切な手間の貸し借りについて

こんにちは、マサハルです。

先日、村の方にユニックで温室の解体を手伝ってもらいました。

今度はそのお返しに、その方の畑のお手伝いをしに行ってきました。

そうやってお互い手伝いあうことを、ここらへんでは、「手間」というそうです。

「借りた借りは返す」。

村で暮らしてて、そんな感覚って大事だな~、と思います。

というか、村とか都会とか関係なく、

人とのつきあいにおいて、当たり前のようだけど、大事なことですよね。

村ではお手伝いに限らず、色んなものをもらったりします。

そして自分も相手に何かをお返しします。

そうやって、お金を介さなくとも、

色んなものがぐるぐる回って、助け合って暮らしてる。

それが地域で暮らすってことなんだな。

以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です